飲めば飲むほど身体は悪くなる…

スピリチュアル

どうしてみんな何も考えずに病院に行くのだろう?

昨日発売の週刊東洋経済の表紙です。

風邪で医者にかかるのは
日本だけだと言います。

それこそ救急な場合はしかたないですが
『ちょっと熱っぽいぞ』とか喉が痛いくらいで
病院に行っちゃう人多いですよね。

かつての自分はそうでした。
それが当たり前、普通だからです。

でもそれが世界から見ると
とても非常識だということを知るべきです。

加えて、病院に行くと大量に処方される薬が
身体にとって悪いということを知るべきです。

まさに元気で長生きだった祖母

100歳で亡くなった私の祖母はある宗教に入信しとても熱心でした。
その宗教では〝薬は毒〟だと教えていたので
子供の頃から祖母には病院に行かないよう、
薬を飲まないよう教わりました。

そういえば祖母が毎朝唱える念仏の中に

〝寿(よわい)は永く無医薬に〟

というフレーズがあったことも思い出しました。

祖母はほとんど病院に行きませんでしたが、
寝たきりになるような事もなく、
ボケる事もなく
大きな病気にもならず
最後は静かに息を引き取りました。

先祖代々家族の誰よりも長生きをしました。

それこそ病院に行かなかったからこそ
長生きしたのだと思います。

祖母が入信していた宗教には
〝手かざし〟
というものがありました。

私が風邪をひいたりすると
その〝手かざし〟を長時間にわたってしてくれるのです。

手をかざすことによって○○様が病を治してくれると
私は祖母から教わりました。

正直子供心にも、そんなもので病気が治れば、
医者なんかいらない、と思っていたので
全く信じてはいませんでしたが、

調べてみると、実際に昔の日本では
そんな療法が行われていたのです。

宗教が絡むと根本的な考え方が変わってしまうので
あくまで宗教とは切り離して考えますが、

そもそも昔は病院なんてないので
そういった療法に頼るしか治す方法がなかったはずです。

最も〝手かざし〟ではなく
〝手を当てる〟靈氣という療法が
昔の日本では行われていたのです。

(靈氣は知っている人も多いのですが、
知らない人に話すとかなり胡散臭いと言われます)

〝手当て〟という言葉の語源は、
諸説ありますが、
〝手を当てて治す〟という意味なのですよ。

潜在能力に優れている日本人

とにかく本来、
人間(特に日本人)が持つ力は本当にすごいんです。

「医学の父」と称される
古代ギリシャのヒポクラテスはこう言っています。

『医師が病を治すのではなく、身体が病を治す』

薬は病気を一時的に抑えてくれますが、
身体を健康にはしてくれません。

大切なのは我々人間が持つ
自然治癒力や免疫力を上げて
健康体になることです。

ハーブや漢方、サプリメントなどの健康食品は
東洋医学の考えから来ているものです。

科学的に作られた物質ではなく
自然の中にあるものを利用して
人間の持つ本来の力を取り戻す。

私は会社を辞めた頃から
病院に行くことが減りました。

そしてたくさんのサプリや健康食品に出会いました。

日本では薬機法という面倒な法律があるので
大きな声では言えませんが、

健康食品で病を克服した人は意外にいます。

(例えばこんなサプリでの実例)

頭のとてもいい人がさらに勉強してなる
医者の言うことが正しいと思うのは
間違っていないと思いますが、

医療・製薬業界は政治家とは切っても切れない関係があります。

極端なことを言うと
もしガンが治るサプリメントが見つかったとしても
それは製薬会社にとっては商売の邪魔でしかないのです。

薬が売れなくなる、
病院に来る人が減る、

だからそんな万能なサプリがあったら
商売あがったりです。。

まさにあってはならないものと言えます。

ノーベル賞受賞者にも容赦ない仕打ち

ノーベル賞を受賞した山中教授のiPS細胞にしても
政府が国家プロジェクトとして支援してきたのに
補助金を打ち切られるとの報道がありました。

撤回されてやはり継続されることになったようですが、
この辺も利権のにおいがぷんぷんします。

また、身体に悪い添加物の規制が少ないのも
間違いなく利権のせいです。

国は国民の健康よりも
大きな食品会社の存続の方が大事なのです。

だから頭のいい人は気付いています。

気付いていない人たちは
身体に悪いものを食べ続け、
病気になって
症状を抑える薬を買わされ
治ったように思わせておいて、
しばらくするとまたさらに体を悪くする。

ガンの人が減らないのは当然です。

定期的に健康診断に行きましょう!

と言うのも利権です。

病院に行かせることが病院の利益になります。

早期発見が大切!

と言って検診をやたら勧めますが、
対して悪くもない症状に
大量の薬を処方すればするほど
病院の利益になります。

日本に住む限り自分の体は自分で守らないと
いいように薬漬けにされます。

ほとんどの医者は良かれと思って治療していると思います。

が、しかし今の現状では
病気の人は増え続けます。

長生きしても、健康でなかったらなんの意味もありません。

あなたはいつまで薬を飲み続けますか?

日本の医療費がさらに膨大になり破綻するまでですか?

タイトルとURLをコピーしました