フリーとして生きるためには

ブログ

ディレクターとして働いていたときは
月に数日の休みで、
ほとんど毎日夜まで会社にいた。

翌日の番組の仕込みを完璧にしておいて
朝は11時頃にゆっくり出社。
すぐに打ち合わせして、
正午から4時間の生放送。

番組終了後、夕方から翌日の準備をするのだが
みんなが帰ってからのほうが
電話もならないし、仕事がはかどるから、
あえてゆっくり作業をした。

特番や中継があると
また別の動きになるが、
ほとんどは上記のような
タイムスケジュールの繰り返しだった。

フリーになると何時に起きようが自由だ。

平日に旅行も行けるし、

日中近くの日帰り温泉で汗を流すことも出来る。

時間に縛られない生活。

自分には合っているとつくづく思う。

ただ以前より出来ないこともある。

テレビを見る時間が大幅に減った。

映画を見に行くこともなくなった。

ラジオもタイムフリー機能を使って、
移動中に聞くようにしている。

する作業は自分で決めなければならない。

誰にも指図されない。

だから自由と言っても、

パソコンに向かう時間は毎日12時間を余裕で超える。

個人事業主はやったらやった分だけ収入になる。

逆にやらなかったら収入はない。

極端なことを言うと、
会社員は何の成果を出さなくても
給料がもらえる。

でも個人だとそうはいかない。

全て自分で決めて、自分が実行する。

だから今までみたいに何も考えず

テレビを見ている時間は無駄でしかない。

睡眠時間だって自由とは言え、

しなければならなことがあるときは

終わるまで眠ることは出来ない。

自分の場合はいきなりフリーになったのでいいが、

中には会社員のまま、

副業としてインターネットビジネスを

始めている人も大勢いる。

それだと使える時間は本当に限られる。

食事やお風呂にだって

ゆっくりしている場合ではない。

今考えてみると、会社をクビになったことが、

人生の転機を強引に与えられたことになり

決断をすることなくフリーの道を歩むことになった。

このチャンスを活かすためにも、

本気でフリーの道をまっとうしなければならない。

 

知れば知るほどインターネットビジネスには

稼ぐ方法が山ほどある。

あとはやるかやらないかだけ。

ということは、やるしかない。

2019年はまさに飛躍の年になるのだ。

タイトルとURLをコピーしました