情報を得るのは簡単だけど…

ブログ

インターネットのおかげで便利になった。

わからないことがあれば

“ググれば”

何かしらの答えを導くことができるからだ。

ただほとんどの人は、
正しい情報と間違っている情報の見極めができていない。

検索の上位に出てくるものが
正しいとは限らないことに気付くべきである。

また某知恵袋など質問すれば
親切な人がいろいろ教えてくれるサイトもある。

それなどは特に
平気で間違った答えを教えてくる人がいる。

それは悪気があって回答しているのではなく
「自分はそうしています」的な内容かもしれない。

だからそんな回答が正しいか、間違っているのか
見極める力は絶対に必要なのだ。

もちろんSNSの情報も鵜呑みにしてはいけない。

例えばトランプ大統領のツイッターだって
本心じゃないことをつぶやくことだってある。

各自が見極めなければならない時代なのだ。

実際のところ、新聞やテレビの情報だって
見極めなければならない情報がたくさんある。

マスコミは自分に都合の悪いことは報道しない…から。

だってスポンサーからお金をいただいて
広告を出しているのです。

収入が無くなる訳にはいかないから、
実際は身体に良くないような商品も
法的に許されていれば宣伝する。
それも有名な女優やタレントを使って。

でもそれは当たり前のことだ。

日本は世界一食品添加物の規制がゆるい国。
欧米で禁止されていても、
平気で認可しているものが山ほどある。

すぐに身体の調子が悪くなるわけではないのが
ポイントなんだよね~

『日本人の2人に1人はガンになる』

ってCMが放送されているけど、

国立がん研究センターがん対策情報センターの2013年データによると、

生涯でガンと診断される確率は男性で62%、女性で46%です。

そんな添加物や発がん性が疑われる食品を
食べ続けたらガンにもなりますって。
だから日本人のガンは減らないのです。

『医者が教える食事術』牧田善ニ著
『医者に殺されない47の心得』近藤誠著

などベストセラーにもなっている
現役の医者が書いた本がたくさん出ているので
一度読んでみたほうがいい。

普段我々がどれくらいヤバイものを口にしているか
わかるから。

神経質になりすぎるのはどうかなと思うけど
小さいお子さんがいる家庭なら
真剣に考えたほうがいいと思う。

すでに賢い人は食品も日用品も
ヤバイものは食べないし使っていませんよ。

ネットのつまらないデマや噂話、
大量に露出されるCMを
全て信じているようでは、騙され続けます。

これからは正しい情報を人より早く得て
自分の身は自分で守る時代なのです。

タイトルとURLをコピーしました